始めてみないとわからない〜一人暮らしのメリットとデメリット

ずっと親元で暮らしている人は一人暮らしに憧れるものです。過去に私自身もそういう時期がありました。やはり誰もが「自由」という言葉を連想します。誰にも拘束されず自由であるというイメージを持つと思いますが、実際に一人で生活し始めるとそうではないということに気づきます。

 

一人暮らしの経験がない人にとっては未知の世界ですが、経験のある人間には一人暮らしのメリットトデメリットはよくわかっています。そこで、一人暮らし未経験の方のためにメリットとデメリットの代表的なものをご紹介します。

 

まず、メリットとしては自分の部屋では周囲に気を遣わなくていいというのがあります。自分の部屋を自由に使えますし、不規則な生活を送ったとしても誰かに注意されるわけでもありません。自分の好きなことに集中して取り組むこともできます。まさに自由なのです。気軽に友人を呼んだりもできて、同居の家族がいるとできないことが可能なのです。

 

では、反対にデメリットとしてはどんなことがあるのでしょうか。まず、料理・掃除・洗濯などの家事全般を自分でしなくてはいけません。家事は一人暮らしの経験がない人にとっては慣れるまでけっこう大変なことです。

 

また、家賃・公共料金・食費などの出費が毎月ありますのでお金がかかります。気軽にお金が使えなくなります。あと病気になった時に看病してくれる人がいないのも大きなデメリットです。

 

このように一人暮らしにはメリットもあればデメリットもあるんだということを事前に認識しておくことはとても大切なことです。

 

 

初めての一人暮らしを始める時の生活設計

 

生まれて初めて親元を離れて一人暮らしを始めるのはだれでも不安があります。一人暮らしの経験がなければ当然のことです。では、いったいどんな不安が考えられるのでしょうか。

 

まずは生活費の不安です。今まで親元にいた時には生活費をすべて自分で払っていないことが多いものです。ですが、一人暮らしを始めると自分で支払わなくてはいけません。大学生なら親からの仕送りとアルバイト料、社会人なら給料が収入源となります。

 

一人暮らしでかかるお金は、家賃・光熱費・食費・通信費・雑費などです。自分の生活費がいくらかかるのか計算して、毎月入ってくる収入の範囲内で生活しないと赤字となるわけです。この最初の生活設計が非常に大切です。ルーズな生活設計をすると赤字になりますし、逆にカツカツの生活設計で余裕がないと急な出費が必要になった時に困ります。

 

理想的なのは最低限の生活設計にして余裕資金をちょっとだけ作っておくのがいいでしょう。毎月絶対にこれだけはかかるお金というのがわかれば計画も立てやすいものです。でも、最初はなるべく節約することを心掛けるのがいいでしょう。

 

一番節約しやすいのは食費というのはよく言われています。主婦の方は食費を節約するため日々工夫しています。お昼のテレビ番組でも食費の節約の仕方や節約レシピについてよく取り上げています。テレビでよく放送されるということは、それだけ興味がある人が多くてたくさんの人が見るということです。このようなテレビ番組や本や雑誌やネットを参考して節約に励むといいでしょう。

 

 

学生の一人暮らしに必須なアルバイト

 

今アルバイトはどこも人手不足。

 

中国人留学生などが居酒屋店員で目立つように、日本人のアルバイト希望者が減っています。

 

だからこそ、一人暮らしを支える生活費は、ただ時給だけで選ばないほうがいいでしょう。今ある意味売り手市場状態なので、自分が本当に楽しめるアルバイトか、将来的な視点で身に着けたいスキルを重視して選んでみては?

 

アルバイト体験談-アルバイトの神様

 

上記サイトは、アルバイト経験者から聞いた、職場の雰囲気や失敗談を集めたものです。アルバイトを新しく始める際に不安になる、職場の人間関係と仕事の難易度についてかなり分かりやすくなっています。ぜひ参考に。