大学新入生の一人暮らしの不安

地方から上京して大学に通う人は一人暮らしを始めるわけですが、いろいろと不安は多いと思います。初めて親元を離れて生活するのですから不慣れなことばかりなのですから当然です。家事は自分にできるのだろうか。学校生活はうまくいくのだろうか。アルバイトを始めて勉強と両立できるのだろうか。これらの不安に対するアドバイスをご紹介いたします。

 

まずは三食の食事をどうするのかという不安があります。食事というのは毎日のことですから一人暮らしをスタートしたばかりの時は一番大変なことです。学生の場合には学業がありますので、それほど時間をかけることはできません。

 

そこで、なるべく手間をかけないようにするのがおすすめです。朝はパン食にして目玉焼きとコーヒーを準備するだけにすると簡単です。お昼は大学の学食か安いお弁当ですませるというのが無難です。もし、節約したいのであればおにぎりを作って持っていくのもいいでしょう。

 

晩御飯は時間の余裕があれば自分でレシピでも見ながら作ってみるのもいいでしょう。毎日メニューを変えればレパートリーは増えていきますし、料理が楽しくなります。

 

家事の中でも洗濯と掃除は毎日のことではないですから、自分の中でルールを決めてすればそれほど負担にはなりません。洗濯は全自動洗濯機があれば干すだけですし、コインランドリーを利用するのであれば乾燥まで短時間でできます。

 

アルバイトに関しては新入生はいきなり始めない方がいいでしょう。学校生活と家事に慣れてからアルバイトを始めるかどうかを検討しても遅くはありません。学業との両立ができないのであれば、本末転倒となってしまいますので慎重に判断しましょう。