どっちがいい?都会の一人暮らしと田舎の一人暮らし

生まれてからずっと親元に住んでいる人は一人暮らしに憧れます。特に地方に住んでいる人ほどこの傾向は強いものです。ただし、地方に住んでいる方は都会に出るのか地元に残るのかという2つの選択肢があり迷うところです。そこで、都会の一人暮らしと田舎の一人暮らしのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

都会の一人暮らしのメリットは何でも揃っていて生活するのに便利なことです。ショッピングや娯楽施設へのアクセスがとても楽ですし、コンサートなどのイベントも多いです。そして、流行の最先端のものがありますので毎日刺激があって楽しいのです。

 

ですが、デメリットもあります。まず出費がかさむということです。家賃がなんといっても高いのです。高熱費、食品などの物価も高いのです。また最近は治安もよくないので、女性の夜道の一人歩きなんて非常に危険です。

 

これに対して、田舎の一人暮らしのメリットとしては、家賃をはじめ物価が安いので生活費が安上がりであるということがあります。生活費がかからないというのは大きな魅力ですし、お金も貯まりやすいのです。また都会に比べて治安も良いというメリットがあります。

 

ですが、いろいろと不便な面もあります。移動の手段としてどうしても車が必要となることが多いのです。公共の交通機関は発達していないので自分の車がないとかなり不便です。また、都会に比べると娯楽が少ないというデメリットもあります。夜の繁華街も早い時間に暗くなってしまうところが多いのです。

 

これらのメリットとデメリットを考慮して、どこで一人暮らしをするのかを決めるのがいいでしょう。